質問に答えます。

カウンセリングルームと病院の違い

カウンセリングルームと病院の違い

Q.カウンセリングルームと病院の違いを教えて下さい。
昔から休みぐせがあったのですが、最近また会社に行けなくなってしまいました。 眠れないとか食欲がないとかはないのですが、気持ちが沈んで毎日が苦しいんです。で、先日、勇気を出して、心療内科へ行ってみました。でも、薬を処方されて終わりで、とても悲しく なりました。
私はただ話がしたかったんだと思います。そして何か、アドバイスが欲 しかったんだと思います。カウ ンセラーと病院(心療内科)とは違うんですか? 私みたい症状の人は、何処へ行けばいいですか?

 

A.内科は、内科です。ほら、皆さんもよく、風邪を引いた時とかに行くでしょう、内科に。あれと同じです、心療内科も。ただ、心療内科が普通の内科と違うところは、この症状が心から来ている、つまり、心が原因で症状が出ているらしい…と思われた人が行くところが心療内科なのです。
でも、それはもともとの話であって、今は、精神科・神経科とほとんど変わらないと認識してもらって結構です。(でもやはり、統合失調症の人などは、精神科に行った方がいいです。) 心療内科は、お薬を出すところです。風邪を引いた時やお腹が痛い時にお医者さんに行くと、お薬を出してくれるでしょう。あれと同じです。お医者さんが、お腹が痛いというあなたの訴えに、いちいち共感していたら変でしょう。
心療内科では、「心とは、脳という臓器が生み出す、ひとつの産物である」と考えます。 それは冷たいとか、間違っているとか、機械的とかいうことではなく、彼らは、そういう スタンスで治療を試みる人なのです。ですから、お医者さんは、悩んでいる人に対しては、脳という臓器の働きを調整するた めに薬物を投与するだけなのです。
カウンセラーは、話を聞く人です。時には、アドバイスをすることもありますが、基本的には、クライエント自らが解決の道を歩むよう、手助けする人です。あなたのような方は、やはり、カウンセリングルームに行くべきだと思います。くれぐれも、変なカウンセラーにつかまらないよう、お祈りいたします。
宜しければ、危ないカウンセリングルームの見分け方もご覧ください。
最近は、心療内科も、精神・神経科も、ひっくるめてメンタルクリニックと呼ばれることが多くなりました。

 

 

よくある質問


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 自己紹介 カウンセリング 講演・研修 著書 社会資源 連絡先