名古屋でカウンセラー・カウンセリングルームをお探しなら

カウンセリングルーム 「心の相談室with」 名古屋

▼ カウンセリング「心の相談室with」名古屋 が皆様から愛されている理由

購読無料

 

カウンセラーが教える「自分が好きになる方法

 

メールアドレスをご登録下さい。

 

1.経験豊富です。
  地元、愛知県名古屋市で開業して20年。
  臨床数は、1万5千回を超えます。
2.実績があります。
  本を7冊出版しています。
  講演・研修会数は800回、聴講者は10万人を超えます。
3.信用があります。
  様々な市町村の生涯学習センター講師を務めています。
  子どもが通っていた小学校のPTA会長を1年務めた経験があります。
  公立小中学校のスクールカウンセラーを6年6ヶ月務めた経験があります。
  現在は、名古屋市内にある私立○○学校のスクールカウンセラーをやっています。
4.明朗会計です。
  1回ごとのお支払いです。物や回数券などを売りつけることはありません。
  延長料金と称して、あとから意味不明の料金を請求することはありません。
  ご安心下さい。通うことを強要することは絶対にございません。

 

   比べてください、
  信用 実績 なら どこにも負けません。

 

  悩み解消、問題解決に向けての確かな一歩
 
   カウンセリングを受けると
     晴れやかな気持ちになり、
       爽やかな笑顔が戻ります。
 

    話はしっかり聴きます。
       専門知識を活かし、
          役に立つ助言もします。
 
   心の病や人間関係、
   依存や嗜癖などの問題行動に、
   臨床経験豊富なカウンセラーがお応えします。
 

 

 危ないカウンセリングルームの見分け方

 

 ワードプレス「あなたの自由を応援するカウンセラー

私がカウンセラーになった理由(カウンセリングルームを開設した理由)

私がカウンセラーになった理由は、人を笑わせることが好きだからです。

 

こちらのほけんだよりにも記されてあるように、私は人を笑わせるのが得意で好きです。
小学校の卒業文集の将来の夢には、コメディアンと書いたくらいです。

 

10代の頃は、本気で吉本興業に入ろうかと思っていたのですが、20歳前後ぐらいから、笑う人をもっと笑わせるのではなく、笑わない人を笑わせたいと思うようになり、こちら、カウンセリングの道に入ったというわけです。

 

幼少期の頃から、人の心に興味を持っていました。小学生の頃から、心理学や精神医学や哲学や人生相談の本を読む、ちょっと変わった子でした。

 

人の話に耳を傾けるのが好きで得意で、
小・中学校の頃から、よく「竹内君の前だと、何でも話しちゃう」と言われたものです。

 

カウンセラーという仕事は、自分の天職だと思っています。
今日も、笑わなくなった人に笑顔を取り戻して欲しくて、カウンセリングをしています。

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

私はクライアントのことを尊敬しています。

下記は、2001年に書いた私のエッセイです。
今も、私の気持ちは、当時と変わっていません。

 

カウンセリングに訪れる人のことを「依存心の強い人」とか、「自分の問題を自分で解決できない人」と称する人がいますが、それはとんでもない間違いです。

 

カウンセリングに訪れる人は、自分の問題を自分で何とかしようと思っているからこそ、カウンセリング料を持って専門家を訪れるのです。

 

クライエントの方の多くは、自立心の強い方です。愚痴や泣き言を言わない我慢強い方がほとんどです。(それだからこそ、悩みが深くなってしまうとも言えるのですが…)

 

ですから、そのような、クライエントのことをよく言わない人を見たり聞いたりすると、私は気分が悪くなります。そういう人に限って、友人や飲み屋のママに愚痴ばかりこぼしていたり、酒やギャンブルに逃げたりしているのです。
「問題は自分ではなく、周囲だ」と思っている人は、カウンセリングルームには来ません。1度ぐらいは来ることがあっても、通ったりはしません。

 

カウンセリングに通っている方の多くは、自分の問題を正面から見据えようと思っています。逃げずに戦おうと思っています。勇気あふれる人です。決して弱虫だったり甘えた人ではありません。そういった意味からも、私はクライエントのことを大変に尊敬しています。

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

幸福とは何か?

幸福は、ケーキのようなものです。

 

その心は、
いろんな幸福があり、いろんなケーキがあり、
それぞれに、色も形も味も大きさも違う…ということです。

 

 

ケーキを作るのには、砂糖と卵と小麦粉がいります。
この3つが揃わないとケーキにはなりません。

 

それと同じように、
幸福になるためには、3つの条件がいります。
それがひとつでも欠けていると、幸福にはなれません。

 

幸福な人は、次の3つの条件を満たしています。
①人との交わりがある。
②親切である。
③ここにいる。

 

 

上記のことを詳しく説明いたします。

 

幸福な人は、良い人間関係を持っています。
心穏やかになるコミュニティー(共同体)に属しています。
愛と所属欲求・群居欲を満たしています。

 

幸福な人は、親切です。
親切は、されるほうばかりではなく、するほうも幸せになれます。
そう、人は、社会貢献欲求を満たしたい生き物なのです。

 

幸福な人は、「心ここにあらず」ということはありません。
過去に囚われることもなく、未来を憂うこともなく、今を生きています。

 

 

私は、
クライアントの悩み苦しみに共感し、
その苦悩を取り除けるカウンセラーでありたいと思います。

 

私は、
クライアントに暖かい関心を寄せ、
クライアントの願い事を叶えさせるカウンセラーでありたいと思います。

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

ライフチャート

自分の人生を下記8つの分野から見て、
今現在の満足度を0~10点のあいだで示して下さい。

 

1.楽しみ・娯楽
2.生活環境(衣食住・持ち物・通勤・職場環境など)
3.健康(体調・病気・節制・ダイエットなど)
4.仕事・他者への貢献
5.お金
6.友人・対人関係
7.大事な人(伴侶・恋人・師匠など)・家族
8.自己成長・学び

 

自分の人生の満足度を上げたいのなら、どの部分を上げればいいか? 考えましょう。
全ての満足度が高い人は、きっと人生が充実していて、幸せだと思います。

 

目標を立てる時も、偏りが生じないように、上記8つの目標を立てると良いでしょう。

 

 

続いて、具体的な目標の立て方に関しては、次を参考にすると良いでしょう。
1.明確であり重要であること。
 願わくば、数値化できる目標だといいです。出来たか出来なかったか?
 進んでいるか進んでいないか? わからない目標は適切とは言えません。
2.大きなことではなく、小さな目標であること。
 大きな目標でも構わないのですが、
 背伸びして手を伸ばすと届くぐらいの目標がいいでしょう。
3.否定形ではなく、肯定形で記述されること。
 「○○ではない」ではなく、「○○である」という形で記述される目標のほうがいいです。
4.具体的で、行動の形「○○する」で記述できる目標であること。

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

あなたの可能性を開く7つの質問

あなたの可能性を開く7つの質問

 

1.今まであなたがもっとも多くの時間をかけてやったことは何ですか?
2.今まであなたがもっとも多くのお金をかけてやったことは何ですか?
3.あなたが簡単にできちゃうのに、周りの人が難しいと思っていることは何ですか?
4.あなたが1億円を手にしてもやり続けたいことは何ですか?
5.あなたの人生において、充実度の高かった成功体験は何ですか?
6.あなたの人生において、学ぶことの多かった失敗・挫折体験は何ですか?
7.今やりたいこと、今やめたいことは何ですか?

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

運を良くする9つの方法

運を良くする9つの方法

 

1.いつも笑顔でいること。
2.早寝早起きして日光を浴びること。
3.不要な物は捨て、整理整頓に励むこと。
4.身体にいい物を食べ、身体に良くない物は食べないこと。
5.不平不満は口に出さないこと。
6.なるべく運のいい人とつきあうこと。
7.適度に運動すること。
8.自然に親しむこと。
9.吉方位に出かけること。

 

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

 

開設20年を振り返って

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋は、
平成9年(1997年)の6月15日に、愛知県豊田市曙町(土橋駅から徒歩5分の立地)に開設されました。当時私は、37歳でした。そこで心理臨床を16年弱やりました。カウンセリングルームを現在の愛知県名古屋市中区正木(金山駅から徒歩5分の立地)に移設したのは、平成25年(2013年)年5月16日です。

 

私は、プロの心理カウンセラーとして、独立開業し21年めに突入したというわけです。起業した人が、同じ業種で20年やり続けられる確率は、0.3%と言われているので、そこそこ頑張ったと言えるのではないでしょうか。この間、私は、パートで働く女房と子ども2人を養ったきたわけですから、我ながらあっぱれといった感じです。今子どもは、2人とも大学を卒業し、社会人として働き始めたわけですが、最近になって、父親である私の偉大さに気が付き始めたようです。(自画自賛)

 

私が心理カウンセラーとして、厳しいこの世界を生き残れた理由・秘訣については、こちらに記してあるので、宜しければぜひご覧下さい。今も昔も、商売の本質については、何ひとつ変わっていません。

 

名古屋市に引っ越して、4年半が経過しました。都会に移設してから、クライアントの悩みの質は若干変わった感じはするのですが、人間の悩みの本質は、やっぱり変わらないなと思う次第です。そう、人間の悩みは、お金と病気と人間関係であることがほとんどです。

 

カウセリングを受けたことにより人生を好転させた人は数知れません。
宜しければ、あなたもぜひ、カウセリングを体験してみて下さい。

竹内成彦 57歳  平成29年(2017年)12月12日

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

もう、不満は言わない

不平不満を言うことと、過ちや欠陥を指摘して正すことを、混同してはならない。不平を言わないようにすることは必ずしも、悪い品質や無礼な態度を我慢することではない。ウェイターに、スープが冷めているので温め直す必要があると告げることは、それがニュートラルな事実に基づいたものであるなら、そこにエゴは介在しない。「こんな冷めたスープを出すとはどういうつもりだ!」というのは不平不満である。

―エックハルト・トール「A New Earth」より―

 

 

あなたの状況を改善できる立場の人に、事実を告げることは、不平不満ではありません。誰かに怒りをぶつけたり、自分あるいはほかの人に向かって状況を嘆いたりすることは、不平不満です。そういう態度は、ますます自分の欲しない状況を引き寄せます。

 

不平不満を言うのをやめて、ポジティブなことが起きたときに、感謝を表すことです。誰の人生にも、感謝できることは必ず、たくさん起こります。私は毎朝目が覚めたときに、自分がありがたいと思うことを5つ、紙に書きつけるようにしています。ただ頭で考えただけよりも、その印象が残るからです。はっきりと表現したことは、なぜか実現することになります。ネガティブな不幸なことを話せば、ネガティブな不幸なことが起こります。ありがたいと思っていることを話せば、よいことが引き寄せられます。

 

天から与えられる運勢はニュートラルなものです。人が人生をつくる能力もまたニュートラルです。あなたは人生を好きなように使えます。自分がタネをまいて自分が刈り取るのです。

 

世の中をよくしたいと思えば、まず自分の心の中の不和をなくすことから始めなければなりません。言葉を変えれば、考えが変わり、まわりの世界を変えることになります。不満を言うのをやめれば、ネガティブな考えは出場所を失いますから、心のあり方が変わってきて、幸福を感じるようになります。

 

あなたがあなたであることが、世界に影響を与えます。あなたが不平不満を言っていたころ、その影響はネガティブなものだったかもしれません。しかし今は、世界にポジティブな精神のお手本を示すことができます。大海に起きたさざ波を、世界に広げていくことができるでしょう。あなた自身が福音なのです。

― ウィル・ボウエン「もう、不満は言わない」 サンマーク出版 ―

 

 

私(竹内成彦)は、今後、もう不平不満を言わないようにいたします。心掛けます。努力します。不平不満は、日記に書くか、かかりつけのカウンセラーにだけ言おうと思います。それ以外にこぼすと、不平不満は増殖したり拡大したりします。私は、私の生活が不平不満で汚染されたくはないです。日記に書く、カウンセラーに言う、だけにとどめておけば、不平不満を、小さな箱の中に、閉じ込めておくことが出来ると思います。

竹内成彦 57歳  平成30年(2018年)1月21日

 

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦

トップページへ 戻る

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 自己紹介 カウンセリング 講演・研修 著書 社会資源 連絡先