カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋

薬を飲んでも治らない。

「薬を飲んでも治らない」とおっしゃる方に対するメッセージですが、まずは今1度、
「自分は、適した薬を、適量、十分な期間、飲み続けている と言えるのだろうか?」考えてみて下さい。

 

「それはちょっと疑わしい、自信がない…」とおっしゃる方は、前のページをもう1度お読み下さるか、セカンドオピニオン(当事者以外の専門的な知識を持った第三者に意見を求める行為)という形で、別の専門家(精神科医もしくは精神医学に詳しいカウンセラーに)をお訪ねください。

薬の副作用

私が薬を飲むことを勧めると、皆さん「副作用はありませんか?」と聞かれます。
「副作用はあります。眠たくなったり、頭がボーッとしたり、気持ち悪くなったり、いろいろです。個人差が大きいので、全く感じない人もいらっしゃいます。」と答えます。

 

けれど、多くの場合、副作用は、薬を飲み続けていけば、やがて慣れるものですし、薬を飲まずに鬱気分を抱えたままよりかは、副作用に悩まされながらも薬を飲んで鬱気分が解消された方が楽なものです。

 

「心の病の薬のほうが、頭痛薬や胃薬より、恐ろしい副作用がある」という事実はありませんし、抗うつ薬に限っていえば、習慣性や依存性は、ほとんどありません。現在、薬を飲んでらっしゃる方は、自己判断で薬を勝手にやめないようにしてください。

 

 

次に、
どんどん量が増えていって、やめられなくなってしまうことはありませんか?」という質問も頂きます。
「医師の指示に従って、正しくお薬を飲んでいる限り、そのような心配はまずありません。」と答えます。さらに「ただ、あなたが、ヤブ医者か悪徳医者にかかっているのであれば、話はまた別です」と答えます。

 

⇒ ヤブ医者もしくは悪徳医者に関しては、前のページをご覧ください。

 

それから、もうひとつ、非常に重要なことなのですが、 「薬を飲んでも鬱が治らない」とおっしゃる方の中には、薬だけでは良くならない方がいらっしゃいます。
そういう方は、医師にくりかえし、良くならないことを 訴え続けないほうがいい!です。
なぜなら、そのような行為を繰り返していると、薬はどんどん増えていくけれど、回復には向かわない、その結果、薬漬け患者になってしまう…恐れが生じるからです。

 

よって、自分の鬱は、薬だけで治るうつ病なのだろうか? と考えることも大切です。
「薬だけでは、どうも治らない…」ということであれば、病院および薬以外の手を考えねばなりません。

薬を飲んでも治らない理由、その1(ストレス)

いくら真面目に、自分に適した薬を適量飲んでいても、鬱になった原因であるストレスがそのまま手付かずになっているようでは、治るものも治りません。
例えば、大嫌いな仕事を大嫌いな人たちに囲まれてやっていて、それで気分が滅入って鬱になったとしましょう。そういう人が薬を飲み続けて、鬱が改善するでしょうか? しませんよね。
職場環境を変えない限り、その人が薬を飲み続けても良くなることはないでしょう。

 

ですから、ストレスを抱えている人は、まずはストレスを何とかしなければなりません。
ご自分1人で「このストレスはどうもならない」と結論づけないでください。
第3者に相談したら、良い知恵が浮かぶかもしれませんから…。

 

ストレスに苛まれている人には、私の書いた「ストレス社会を生きる知恵」を読んで欲しいし、専門家に相談して欲しいと思います。

薬を飲んでも治らない理由、その2(栄養)

薬は、栄養と休養を十分摂っていないと効きません。
これは、非常に重要なことです。

 

栄養をしっかり摂って、ゆっくり休養して下さい。
栄養に関しては、ビタミンとミネラル、そして良質なたんぱく質を摂ってください。
「十分な栄養を摂っている自信がない」とおっしゃる方には、サプリメントを飲まれることをお勧めします。

 

その他、これは非常に重要なことなのですが、どれほど身体にいい物を摂っていても、同時に、身体に悪い物を摂っていては、何にもなりません。どうぞ身体にいい物だけを摂取して下さい。

 

こちらから、何を食べると身体に悪いか? 無料で情報を得ることが出来ます。

薬を飲んでも治らない理由その3(睡眠)

薬は、栄養と休養を十分摂っていないと効きません。
これは、非常に重要なことです。

 

「薬が効かない」とおっしゃる方の多くは、栄養か休養のどちらか、もしくは両方が不足しているものです。

 

休養に関しては、「どうもグッスリ眠れない」とおっしゃる方には、こちらをご覧になることをお勧めいたします。
睡眠薬を服用するのは、眠れないよりかはマシですが、良質な睡眠を取っているとは言えないところがあります。どうぞご注意下さい。

 

次のページ