あなたの自由を応援するカウンセラー

カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋 室長 竹内成彦の徒然日記です。

ちょっと真面目な話 精神医学

性依存症の家族の課題

投稿日:

痴漢や盗撮やのぞきという罪を犯した本人と共に、
そのパートナーや両親がカウンセリングルームに訪れることがあります。

彼らは、私(竹内成彦)に向かって、神妙な面持ちでこう尋ねます。
「私は、今後、旦那とどう接していけばいいのでしょうか?」
「私たちは、今後、息子とどう接していけばいいのでしょうか?」

私は言いたいことがたくさんある中、ひとつだけ選んで、こうお願いします。
「カウンセリングに通うことを応援し続けてあげてください」
その時は、どのかたも「わかりました」とキッパリ言ってくれます。

でも、私の願いは虚しく、約束を反故にされることは少なくありません。

自分のパートナーがカウンセリングに通っていると、
自分の子どもがカウンセリングに通っていると、
事件を思い出して辛くなってしまうのでしょうか?
パートナーに、子どもに、通うよう勧めることはなくなってしまいます。
勝手に「最近は落ち着いているからいいかなあ…」等と思ってしまって。

依存症は1回では治せません。
私も、1回で治すことが出来たら、どんなにいいことかと思うのですが…。

再犯しないためにも、本人が幸せに生きていけるようになるためにも、
根気良くカウンセリングに通って頂けたらと思います。

 
大好評です。ぜひお越し下さい。
キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 東京 01/21
キャラ診断アドバイザー 養成講座 in 東京 03/03

⇒ あなたも、どうぞ1万人以上の人が読んでいるメルマガ「生きる極意」をご購読下さい。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
  

-ちょっと真面目な話, 精神医学

執筆者:

関連記事

セカンドオピニオンとして利用されることが多いです。

Zoomおよび電話を使って、 カジュアルカウンセリングをするようになってから、早1ヵ月が経ちました。 今のところ、キャラ診断やセカンドオピニオンとして利用される方が多いです。 それは私が、性格心理学と …

そこに愛はあるのか?

私は、長い間ずっと、クライアントに「通って下さい」と言うのが苦手でした。 自分の心の奥に「稼ぎたい」という気持ちがあるのが見え隠れしていて、それが恥 ずかしかったからです。 最近は、自然に「通って下さ …

カウンセリングの可能性

私は、ウェルスダイナミクスで言うところのメカニックです。 効率大好きです。効率が悪いことは嫌いです。 だから、バス旅行は、 集団行動が苦手な私ですが、名所を効率良く廻って行ってくれるので好きです。 カ …

性嗜癖障害者は、共感能力が低い。

性犯罪を起こす人の多くは、性嗜癖障害者です。 性嗜癖という心の病にかかっているので、反省や説得や罰則では改まらないのです。 さて、私のカウンセリングルームに通われている性嗜癖障害者の方は、皆さん、 ほ …

人間は恐ろしく癖を持ちやすい生き物

私のカウンセリングルームには、「盗撮やのぞきや痴漢や下着泥棒や露出がやめら れない」という悩みを抱えたクライアントが、よく来室されます。 「えっ、何を言ってるの。そんなのやめればいいのに」と思われるか …

検索

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アクセス

住所
愛知県名古屋市中区正木4-6-10
羽衣ビル301号室

営業時間
月〜日: 9:00 AM – 9:00 PM
平日不定休

自己紹介

竹内成彦
1960年、愛知県名古屋市で生まれ育つ。1997年06月、地元愛知でプロのカウンセラーとして独立開業を果たす。カウンセリングルーム「心の相談室with」の室長。臨床歴21年、臨床数15,000件を超える。講演・研修回数は800回、聴講者は10万人を超える。【「生まれつき性格」を大切にする子育て】など、7冊の本を出版している。カウンセリング講座などを開催し、カウンセラーを育てることにも精力を尽くしている。
  • 143638総閲覧数:
  • 219今日の閲覧数:
  • 266昨日の閲覧数:
  • 86一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年2月18日カウント開始日: