その理由


     カウンセラーである私が占いをしている理由
     
     私は心理カウンセラーとして、1万4千を超えるカウンセリングをし、800を超える講演をし、
     本も数冊出版し、テレビや雑誌にも出演し、そこそこ成功を収めてきました。

     そんな私ですが、ずっと気になることがありました。
     それは、カウンセラーでは答えられない質問をクライエントから頂くということです。

     「私の彼は、私のことをどう思っているのでしょうか?」
     「私はいつ頃、結婚できるでしょうか?」

     この質問は、カウンセリングでは答えられません。
     
     よって、カウンセラーである私は、
     そんな質問をされた時は、クライエントの気持ちに寄り添うことしかできません。
     それで、
     占いを勉強する前の私は、いつも、次のように応えていました。
     「あなたは、彼があなたのことをどう思っているか、気になるのですね?」
     「あなたは、いつ頃、結婚できるか、気になるのですね。」

     そうではなく、私は、
     クライエントの真剣な訴えに、答えたくなったのです。

     
    答えるためには、カウンセリングや心理学や精神医学の知識だけでは足りません。
     それで私は、以前から興味があった占いの勉強をし始めたというわけです。

     勉強し始めて驚くことがいくつかありました。
     たとえば、性格診断ですが、カウンセリングでは、
     クラエイントがたくさんの質問に答え、1時間近くかかって出る性格診断の結果が、
     占いでは、経験豊富な占い師の手にかかれば、ものの数分で出てしまう…ということです。

     すげえ! 占いって、やっぱりスゲエ!

     そりゃ、占いですから、外れることもあります。
     けれど、外れるで言えば、性格診断テストだって、結局は自己申告ですから、よく外れます。
     占いと変わりません。


     最初は本を読んで勉強し、やがて占いスクールに通い始め、占い師に弟子入りするようになり、
     私の占いの腕は、みるみる上達していきました。

     また、そのいっぽうで、世の中には、クライエントの不安を煽り、高額な祈祷料を請求したり、
     壺・印鑑を売りつける、怪しげな占い師がいっぱいいることも知りました。

     私は、本物の占いを、良心的なお値段で皆さんにお届けしたいと強く思ったのです。
     それが、カウンセラーである私が、占いをしている理由です。

     今、私は、生年月日とタロットの1枚引きで占っています。

     カウンセリングルーム内でも、理解を示してくださる人には、時々占いをすることがあります。
     占いで、カウンセリングが行き詰まりかけていたケースを、何度も打開したこともあります。

     占いは、今や心理カウンセラーである私にとっても、非常に大切なツール(道具)です。


                                by 心理カウンセラー 竹内成彦

     

このページの先頭へ