社会資源「心の金曜日」エッセイ集

答えることと応えること

答えることと応えること

答えると応える、どちらもこたえると読みます。

 

国語辞書で調べてみると、
「答えるとは、質問や問題に対して解答を出す」という意味であり、
「応えるとは、働きかけに対して、それに添うような反応を示す」と書いてあります。

 

カウンセラーは、答えなければならない場面では答えなければならないし、
応えなければならない場面では応えなければなりません。

 

答えなければならない場面で応えたり、
応えなければならない場面で答えたりしているようでは失格ということです。

 

例えば、
愛するわが子を、幼くして亡くしたお母さんが、涙ながらにつぶやいたとしましょう。
「先生、私の息子はどうして死んでしまったのでしょう…」

 

こんな時、もしもカウンセラーが、
「それは、交通事故です。お母さん、前回、そう私に教えてくれたじゃないですか」
とお母さんに答えたらどうでしょうか?

 

まるっきりお間抜けだということがよくわかるかと思います。

 

この場合、お母さんのつぶやきは、質問ではありません。
よって、こういう時、カウンセラーは答えてはいけないのです。

 

一方、こんな状況ではいかがでしょうか?
クライエントがカウンセラーに尋ねます。
「先生、うつ病の薬というのは、飲み始めてどのくらいの時間で効き目が表れるものなのですか?」

 

こんな時、カウンセラーが、
「そうですねえ、どのくらいで効き目が表れるものでしょうかねえ…」と応えたらどうでしょうか?

 

「何だ。このカウンセラーは、薬のことは知らないんだ」と思われてお終いです。

 

 

先の例では、「そうですねえ、どうして死んでしまったのでしょうねえ」と応えるのが適当ですが、後の例では、「うつ病の薬は、個人差がありますが、精神安定剤と違って、飲んで直ぐ、その日に効くとかいうことはなく、飲み始めて、効果が現れるまで、数日から数週間はかかるものなんですよ。」と答えるのが適当です。

 

先の例では、共感能力が必要とされますが、後の例では、知識が必要とされます。

 

 

カウンセラーは、目の前にいるクライエントの訴えを答えたほうがいいのか?
それとも応えたほうがいいのか?
常に考えながら、話を聴いていかなければなりません。

 

笑い話になってしまいますが、
「すみません、トイレ何処にありますか?」と聞かれたにも関わらず、
「あなたはトイレに行きたいのですね」と応えているカウンセラーがおりました。

 

 

さっきから、偉そうに言っている私ですが、やっぱり難しいです。
私も時々間違えますし、間違えていることに気付かないこともあるかと思います。

 

 

ここで例題です。
あなたは後輩から、「先輩、今日、お時間ありますか?」と、声をかけられました。
この場合、先輩として、答えるべきでしょうか? それとも応えるべきでしょうか?

 

「時間はない」と言ってしまえば、答えただけになりますが、
「今日はちょっとないけど、何か僕に用?」と言えば、応えたことになります。

 

正解は、言わなくてもわかりますよね。(o^-^o)

 

 

あなたは、答えるべき時に応えていませんか?
応えるべき時に、答えていませんか?

 

 

私がメールによるカウンセリング、電話によるカウンセリングをやめた理由は、
メールや電話は、答える分には事足りるのですが、応えなければならない時に、
どうしても不十分になってしまうからです。

 

何故かと言うと、応えるというのは、何を書くか何を言うかということが問題ではなく、
どういう姿勢・表情・態度を示すかによって、その適否が決まるものだからです。

 

子どもを亡くしたお母さんに向かって、「そうですねえ、どうして死んでしまったのでしょうねえ」と言う時、どんな姿勢・どんな声・どんな表情で喋ったらいいか?ということの方が、喋った中身より重要であるということは、皆さんにもご理解できるかと思います。

 

メールでは、言葉しか伝わらない、電話でやっと、声色だけ…、
これじゃあ、クライエントの訴えに応えることなど出来やしない。
これが、私が、メールや電話によるカウンセリングをやめた理由です。
メールや電話は、答えることには適していても、応えることには適していない、
それが私の結論です。

 

ただ私は、メールや電話によるカウンセリングを否定する者ではありません。
メールや電話は、誤解を招く恐れが大きいものではありますが、その危険性を互いに(カウンセラーもクライエントも)認識していれば、メールによるカウンセリングも電話によるカウンセリングも、十分に有用なものだと思います。

 

これから、メールや電話によるカウンセリングを受けてみようかなあ… と思ってらっしゃる方については、自分は答えて欲しいのだろうか? それとも応えて欲しいのだろうか?ちょっと考えられてから利用されてみては如何かと思います。

 

答えて欲しい時には、「教えて欲しい」「具体的なアドバイスが欲しい」と言えばいいし、
応えて欲しい時には、「話を聞いてくれるだけでいい」と言えばいいと思います。

 

勘のいいカウンセラーなら、そんなこといちいち言わなくても、
クライエントの様子から、大体はわかるものですが、やはり電話やメールだと難しいです。

 

 

最後に、またまた、カウンセラーの皆さんには、「臨床の場に立つからには、答えられる知識と応えられる感性の両方を、しっかり持っていて下さい」とお願いして、私の長い文章を終わりたいと思います。

 

 

当サイトに記載されている文書の著作権は、心の相談室with室長、竹内成彦にあります。
リンクは、法律・公序良俗に反さない限り、断りなく、ご自由に張って頂いて結構ですが、
無断で、掲載・転用・複製、および変更・削除することについては、厳しく禁止いたします。

 

 

 

 

心の金曜日


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 自己紹介 カウンセリング 講演・研修 著書 社会資源 連絡先