社会資源

人生を不幸にさせるイラショナル・ビリーフ

人生を不幸にさせるイラショナル・ビリーフ

論理療法では、「人は目で見える世界に住んでいるのではなく、目で見える世界をどう受け取っているか、その受け取り方の世界に住んでいる」という考え方に立っています。
そして、その受け取り方には、まともな受け取り方と、おかしな受け取り方があり、「おかしな受け取り方(イラショナルビリーフ)を数多く持っている人は、人生が苦悩に満ちたものになる」と、そう考えています。

 

 

日本人が持ちやすい10のイラショナルビリーフ をご紹介します。
① すべての人に愛されなければならない。
② 事をなすには、完全無欠であらねばならない。
③ 人を傷つける人は、人から責められるべきである。
④ 思い通りにならないと、頭に来るのは当然である。
⑤ 人間は、外界の圧力で落ち込んだり腹を立てたりするものである。
⑥ 何か危険が起こりそうな時は、心配するのが当然である。
⑦ 困難や責任は、立ち向かうより避けるほうが楽である。
⑧ ものごとはうまく運ぶべきで、直ちに最良の解決策を見出さねばならない。
⑨ 過去は重要であり、感情や行動に、今も影響を及ぼしているのは仕方ない。
⑩ 人の拒否・非難にあったから、自分はダメな人間である。

 

実は、私もつい最近まで、この上のイラショナルビリーフを無意識でいくつか持っていました。そう、どうしてその受け取り方がイラショナルビリーフなのか? よく理解していなかったのです。きっと頭では理解していたのでしょうが、心底わかってはいなかったということだったと思います。カウンセラーとして、恥ずかしい限りです。

 

 

多くの方が、なぜ、イラショナルビリーフを持ち続けているか? というと、
① 養育者や友人・知人に、間違った暗示をかけられてしまったから
② 「ねばならない」と「かくあって欲しい」という、願望と事実を識別していないから
③ 過去に執着する習癖があるから
④ 他者の反応を気にし、自己主張しないから
                     と考えられています。

 

上記のビリーフが「何故、イラショナルビリーフなのか、わからない!」とおっしゃる方は、ぜひ私のカウンセリングルームへお越し下さい。遠方にお住まいの方には、論理療法の本をお読みになることをお勧めいたします。

 

 

心の金曜日


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 自己紹介 カウンセリング 講演・研修 著書 社会資源 連絡先