カウンセリングルーム「心の相談室with」名古屋

講演を成功させるコツ

講演を成功させるコツ

講師依頼をされる方へ(私のささやかな贅沢な11個のお願い)

⇒ 講演会を成功させるコツについてはこのページの最後に書いてございます。

 

① よくお考えになられてから依頼して下さい。
時々、「あなたが、うちの会の講師に相応しい方かどうか確かめたい。1度会っていただけないか? その後で、依頼するかどうか決める。」という電話をもらいます。そのような依頼には、私は応えません。私の講師としての実力は、私のホームページか、私の著書、もしくは、私の講演を聞いて下さった方の評判などでご判断下さい。
★ 過去の講演記録は、こちらで見ることが出来ます。
★ 講演を聞いた人の感想は、こちらで見ることが出来ます。
私は、りっぱな学歴や経歴を持っていません。
りっぱな学歴や経歴を持ってらっしゃる講師を好まれる方は、他をあたって下さい。

 

② 依頼は、電話ではなくメールでお願いします。
私は気が弱いので、電話でガンガン言われ、返答を迫られると、よく考えもせずに引き受けてしまい、後で悔やんだりします。やると決めたからには責任を持ってやりたいので、どうぞ私にも考える時間を与えて下さい。宜しくお願いします。

 

③ 講師料をハッキリ明記して下さい。
講師料をハッキリおっしゃってくれない方がたくさんいらっしゃいます。どうぞハッキリとおっしゃって下さい。「平均額はいくらですか?」「いくらなら確実に来てくれますか?」「交通費は欲しいですか?」「相談によって決めさせてください」等、私の腹を探るようなことを言わなで下さい。気の弱い私は、せりや駆け引きが大の苦手です。どうぞ宜しくお願いします。生意気言って、ごめんなさい。

 

④ 経歴については、ホームページの自己紹介らしきものをご覧下さい。
これ以上の詳しい経歴については、公表しておりませんし、紹介しておりません。「講師の紹介はどうすればいいですか?」と尋ねてくる方がいらっしゃいますが、どうぞ「自己紹介らしきもの…」から適当に拾って下さい。

 

こちらのページで講師紹介の見本をご覧頂くことが出来ます。
ある人が作ってくれたのです。そっくりそのまま真似して頂いても結構です。

 

⑤ 挨拶に来るのはご遠慮下さい。
講演が決まってから、事前に挨拶に来ようとされる方がいらっしゃいますが、どうぞそれはご遠慮下さい。打合わせをする必要があるのであれば、もちろんそれには応じますが、多くの場合は、挨拶のための挨拶です。お互い忙しい身です。そんな無駄なことはやめましょう。それに、挨拶をお受けするとなると、私はカウンセリングをひとつ断らなければならなくなります。どうぞご理解下さい。

 

⑥ 担当の方をお決め下さい。
講演が決まってから、当日までの間に、幾人も担当者が変わることがあります。正直、困惑します。また当日、担当の方がいないこともあります。現地に行ってみると、「あの担当者は、準備委員なのですよ。当日の担当は私です。」等とおっしゃるのです。「勘弁してよ。」と言いたくなります。
私は、講演場所というか、現地(知らない場所)に、1人で乗り込みます。担当の方だけが、私の知っている人であり、私の心の拠り所です。願わくば、担当の方(私とメールでやり取りした人)に、出迎えてもらいたいです。そして、「私が○○です」と名乗って欲しいです。そうすれば、私も大変ホッとします。

 

⑦ 打合わせと称して、電話やメール等で、相談事を持ちかけないで下さい。
1回の講演で、場所も時間も変更がないのに、担当者の方と、メールのやり取りを10数回することがあります。ほとんどの場合、それは、私に対する相談になっております。「司会のコツって何かありますかね?」「人前で緊張しないためにはどうすればいいんですか?」等、いろいろ尋ねてくるのです。メールのやり取りは、最小限にしてください。

 

⑧ 講演で話す内容について、細かく追求しないで下さい
講演するにあたって、「レジュメを作成して、それを送ってくれ。」と言われることがあります。レジュメを提出すると、「これは何? どういう内容なの? えっ、どういう意味?」と、細かく聞いてこられる方がいます。過去に、レジュメの説明に講義と同じぐらい時間を要してしまった…という笑い話のようなこともありました。
こういう人は、最初、「演題は、先生にお任せします」とおっしゃることが多いです。きっと、依頼する時は何も考えておらず、直前になって色々心配になるのでしょうね。
講演内容ですが、このような話をして欲しいというご要望がございましたら、どうぞ遠慮なくおっしゃって下さい。それに沿ったお話をしていきたいと思います。「タイトルは何にしたらいいですか?」と聞かれ、「○○というタイトルで如何ですか?」と答えると、「それは、嫌です」とおっしゃる方がおります。「では、そちらでお考え願えますか?」と私は言いたいです。私は時に、「そのような内容については、詳しくないので話せません」と言うことがありますが、「そのタイトルは嫌だ。そのタイトルでは話せない」と言うことはありません。タイトルが考えつかないとおっしゃる方は、私の過去の講演記録をご覧頂きたいなあと思います。

 

⑨約束は守って下さい。
「30分前に必ず来て下さい」と言われ、講演会場に30分前に行ったら、担当の方も参加者の方も、誰もいなかったということがあります。結局、その日の講演は15分遅れ(私が到着してから45分後)で始まりましたが、時間は守って欲しいなぁと思います。
私は方向オンチではありません。「○○まで、自力で来て下さい」と言われれば、地図を見たり人に聞いたりして自分で行きます。待ち合わせをしたのなら、それをすっぽかさないで下さい。「門の前で待っています」「駐車場で待っています」「駅で待っています」と言われ、時間通りに行ってみたら、誰もいなかったということがあります。講演の準備が忙しいのであれば、「直接、会場まで来て下さい」とおっしゃって下さい。全然失礼ではありませんし、私としても、その方が、よっぽど気持ちがいいです。忙しくて手が回らなくて、「講師を出迎えることが出来ません」というのであれば、それはそれで構いません。ただ私も、出迎えの人がいると思って、探すことが多いので、事前に、そのことをお伝え頂けると大変助かります。
※ 「正門の前で待っています。」とよく言われるのですが、学校には門がたくさんあり、初めて行く私は、どの門が正門かわかりません。出来れば、「西側の門が正門です」とか、教えてくださると大変助かります。

 

⑩ 「接待しよう」と、気を使わなくても結構です。
私は、講演の前は緊張で顔をこわばらせ(怒っているわけではありません)、講演の後は魂が抜けたような顔をしています。講演中と、その前後では、人が変わったようにテンションが違います。(そう、講演に全神経を集中しているのです)話していても、全然面白くないので、私のことは、講演の前も後も、ほったらかしで充分です。お互いに気を使うのはやめましょう。係の方は、どうぞ会場の準備と参加者の案内に力を注いで下さい。出来れば、食事も遠慮願いたいです。私は大変気が小さいのです。
※ 接待ではなく、当日の打ち合わせであれば、積極的にお伺いします。特に、「今日の参加者には、このようなモノを配布しているのですよ」とか、「今日は、どのような人がどのくらい集まる予定ですよ」とか、「昨年は、このような人に、こんな話をしていただいたのですよ」とか、「うちの学校は、生徒が何人ぐらいいるのですよ」とか、お話して下さると、私の講演イメージも膨らんで大変ありがたいです。
担当者と私が、向かい合って黙って座っていると、とっても気まずい雰囲気になります。(よく、そういうことが起こります…。内心、焦ります。大勢の関係者・担当者が、私を囲んで、黙って観察していることもあります。見せモノ状態になっているようで、苦痛です。)
「接待しなくて結構ですよ。必要以上に気を使わなくてもいいですよ。」という言葉を、「挨拶しなくたっていいんだ」とか、「話しかけてはいけないんだ」「近寄っちゃいけないんだ」と誤解される方がおりますが、それは違います。
せめて、挨拶ぐらいはして下さい。それは人間関係の基本です。お出迎えの人に挨拶されると、私は本当に安心します。来て良かったなあと思います。 緊張して顔がこわばっている私に、ニッコリ微笑みながら挨拶して下さる講演担当者の方が時折みえます。そういう方のことを、私はずっと忘れることが出来ません。逆に言えば、「そういう人が、いかに少ないか」ということです。 私の言っていること、贅沢でしょうか?

 

▼お出迎えの人数は、2人ぐらいがベストです。(ちょっとくどくて申し訳ないです。1人じゃいかんということは、決してありません。)あまりにも大勢で出迎えると、講師は緊張・萎縮しますし、誰に挨拶していいかも、わからなくなります。1人のお出迎えですと、お出迎えの人が緊張していることが多く、その緊張や不安感が、講師にもうつります。(お出迎えの人も緊張しているということは、私も承知しておりますが、お出迎えは、司会の人と同じぐらい重要な役割を担っています。良い講演会を開くために、ここは頑張りましょう。私も頑張ります。まあ、お出迎えの人は、会社で言えば、顔です、受付嬢です。第一印象は非常に大切です。お出迎えの人が準備・用意できないのであれば、「自力で校長室(体育館)まで来て下さい」等、事前におっしゃって下さい。それはそれで全然構いませんから…。講演前の講師は、緊張しながらも集中力を高める作業をしているということを、どうぞご理解下さい。

 

⑪ 現在、講演を録画・録音するのは、お断りさせて頂いております。写真は構いません。
以前は平気で、「どうぞ、どうぞ」と言っていたのですが、トラブルが生じたことがありましたので、現在は、お断りさせて頂いております。どうぞご了承下さい。
ちなみに次のようなトラブルがありました。私の講演を録画した人が、私に無断で、人からお金を取って、私の講演を見せていました。(本人は、「これは、お菓子とお茶代だ」と言っていましたが…)私のビデオの一部だけをご覧になった方が、それを曲解して、私に猛烈に抗議してきたことがありました。
レジュメが必要であれば、どうぞ遠慮なくおっしゃて下さい。
「A4用紙で○枚程度のレジュメが欲しい」と言ってくださると助かります。

 

いろいろ書きました。「神経質な奴だ!」なんて思わないで下さいね。
講演を数百回もやっていると、いろいろな講演担当者の方にお会いし、いろんなことを感じます。気が小さいので、面と向って言えないことを、このページにたくさん書くことが出来ました。恐縮です。

 

★ 私の講演を聞いた人の感想は、こちらで見ることが出来ます。

 

 

次に、
いい講演会を開催するにあたり、難しいことはそんなにありません。
① まず、講師の人選が重要です。
講演の趣旨を決めたら、その内容に相応しい講師を呼びましょう。
そして、「○○について、○分話して欲しい。どのような人が何人ぐらい聞きに来る」と伝えて下さい。

 

② 講師が気持ち良く話せるような心遣いをしましょう。(祈りにも似た願い)
この件に関しましては、講師の立場で上にいろいろ書かせてもらいました。
講師は、百戦練磨であることが多いです。講演の趣旨をしっかり伝えたら、後は講師を信じてお任せしましょう。信じられないのであれば、講師の人選ミスです。

 

③ 参加者がくつろいで聞けるような配慮をしましょう。
会場へ来るまでの案内は適切か?
会場内は、暑くないか? 寒くないか? ←重要です。
部屋の中の空気は新鮮か?
照明は暗くないか?
椅子の並びは、適当か?(講師の顔はよく見えるか?)
ホワイトボード・黒板は見やすい位置にあるか?
マイクの調子はいいか?(聞き取りやすいようになっているか) ←重要です。

 

そう考えたら、大したことないでしょう。神経質になることないですよ。
綿密な計画や講師との事前の打合わせ・当日の司会進行なんて、ホント大した問題じゃありません。打合わせで講師をうんざりさせたり、司会進行の都合で講師の講演時間を削ったり拘束時間を延ばしたりしようと考えるのは、本末転倒です。

 

上の文章をお読みいただければ、講演の司会は、誰がするべきか? 始まりの挨拶は、誰にしてもらうか? 講師をどう紹介すればいいか? 講演後のお礼の言葉はあった方がいいか? 等、そんなこと、講演会の出来・不出来とはほとんど関係ないということがおわかりいただけると思います。
講演が成功するか否かは、どのような講師を呼ぶか? その講師にどれだけ気持ち良く過ごしてもらって、気持ち良く喋ってもらえるか? 参加者がほど良い緊張感とリラックス感を持っているか? で決まります。どうぞ、素晴らしい講演会を開いて下さい。

 

 

最後に、感動する講演会を開く、知られざるコツ・秘密をお教えしましょう。
① 講演の受付は、会場の外に設置するべきです。
会場内にあると、遅れて来た人によって、会場内がザワザワと落ち着かない雰囲気になります。受付の人員は、最小人数でおこないましょう。ピーク時には、列が出来て少々待たされるぐらいがちょうどいい人数です。「寂しいから、暇だから」という理由で、大勢で賑やかに受付をやっていると、それだけで一般参加者は、圧倒され萎縮します。そしてその結果、講演に参加する態度も消極的になります。受付の人数の多さによって、講演会が盛り上がらなくなるのは、つまらないことだと思います。
講演は、映画ではありません。講演は、熱意ある講師と参加意欲の高い参加者によって作られる、生もの・創造のドラマだということを忘れないようにして下さい。

 

② 講演会場が参加者の割りに広すぎるのは良くありません。
会場は、狭いぐらいがちょうどいいのです。さらに椅子は、余分に用意してはいけません。おそらく足りるだろう…ぐらいがちょうどいい数です。空席が多いと、会場全体がしらけます。本当です。これは、講師のやる気が失せるという意味ではありません。参加者の気が散り、集中力が失せるのです。(体験学習においては、これは当てはまりせん)

 

③ 壇上に余分なものを置くのは避けて下さい
それだけで参加者は気が散ります。そう言った意味では、来賓が壇上にいるというのは、非常に良くありません。参加者が、来賓の身動きに気を取られてしまうからです。舞台の両脇や会場の隅に、係りの人を配置している講演会に出会うことがあります。これは、コンサートで見られる態勢で、ファンの人が興奮しすぎるのを防ぐため、抑止効果を狙っているのでしょうが、言うまでもなく、講演会ではマイナス以外のなにものでもありません。

 

最後の最期に、
参加者をリラックスさせること、← 始まる前に軽音楽を流しておくのも手です。
けれど、集中力を持たせること、これが良い講演会を作るコツです。

 

 

追記・・・
質問タイムについて書きたいと思います。
「講演が終わった後、質問タイムを設けても宜しいでしょうか?」と、講演担当者の方に聞かれることがあります。私は困惑しながらも「いいですよ」と答えます。質問タイムは、ひとつも質問が出ず、ただ気まずい雰囲気になる場合と、たくさん質問が出て、非常に盛り上がりを見せる場合があります。気まずい雰囲気になった時、司会の方に、「先生、ひとつも質問が出ませんでしたけど…」と恨めしそうな顔されることがありますが、あれは正直言って、あまり気持ちのいいものではありません。
質問が出るか出ないかは、参加者の人数・雰囲気によりますが、多くの場合は、司会の方の腕次第です。(まあ、そうでないことも多々ありますが…。人数が多くなればなるほど、質問が出にくくなりますね、やっぱり…。)
私は、司会の方が、客席に向かって、質問を呼びかけた瞬間、ほぼ非常に高い確率で、この質問タイムが充実したものになるか否か、わかってしまいます。
もしも私が、講演に引き続いて、そのまま質問を受け付けたら、非常にたくさんの質問が出ると思います。何故なら、そう、私は、質問を引き出すコツを知っているからです。「じゃあ、ぜひ、講演に引き続いて、質問タイムの司会もやってください」と言われそうなところですが、それは、出来れば勘弁して欲しいなあと思います。
何故かと言うと、私の講演の後に出る質問というのは、大変個人的で難しい問題であることが多く、ほとんど場合、私が的確な答えを出せないまま終わってしまい、結果、質問した方にも私にも不満が残るからです。質問を聞くたびに、いつも私が思うことは、「もっと詳しく状況を知りたい。でなければ答えようがない」ということなのですが、大勢の方が集まっている講演会で、しかも限られた時間内で、私が、詳しい状況を把握することなど出来るわけはなく(詳しい状況を把握しようとすると、質問者に大勢の方の前で秘密を暴露させてしまうことになりかねません)、それで仕方なく、いつも、誰でもが言いそうな一般論を述べてお茶を濁してしまうという結果になります。

 

(結論)
質問の出ない質問タイムは、せっかくの講演会の後味を悪くするだけだから、出来れば設けないようにしましょう。
(注意)
司会の方に参加者の質問を引き出す能力があれば、別です。きっと質問タイムは盛り上がることでしょう。(人数が多くなると、質問を引き出すのが難しくなります) けれど、多くの質問は、カウンセラーが答えられない質問ばかりであることが多く、しかも質問者に恥をかかせてしまう(大勢の人の前で秘密を暴露しかねない、カウンセラーに的確な答えをもらえない)危険性があるということは、覚悟しておきましょう。
上記のことは、心理における質問タイムの特徴ではないかなと思います。法律相談や税金相談においては、上記のことはあてはまりませんので…。これがまた、同じ悩みを持っている方の集まり(ピア・カウンセリング)であれば、恥をかく恐れもなく、話はまた別なのですが…。

 

「どうしたら、参加者の質問を上手に引き出すことが出来るか?」については、どうぞ各人で研究してみて下さい。
くれぐれも、安易な気持ちで質問タイムを設けないようにして下さい。それだけは、ハッキリ言えます。(設けるなという意味ではありません)

 

以上、勝手なことばかり書きました。
最後まで読んで頂いて、本当にどうもありがとうございました。
深く感謝すると共に、御礼申し上げます。

 

宜しかったら、ぜひ私を講演会に呼んでください。
講師依頼は、コチラからお願いします。

 

 

講師依頼をされる方へ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 自己紹介 カウンセリング 講演・研修 著書 社会資源 連絡先