ダイエット百科「どっちが痩せる?」in名古屋

29. ダイエット、3つの失敗パターン

戻る

 

 

ダイエットの失敗パターンを知っている。
ダイエットの失敗パターンを知らない。
どっちが痩せる?

 

〇 失敗パターンを知っている
△ 失敗パターンを知らない

 

 

ダイエットの失敗パターンは3つあります。

 

ひとつめは、「痩せられない」ということです。
痩せる人は、たくさんいるのですが、自分の目標体重まで痩せられないのです。痩せられないまま、気持ちが折れてダイエットをやめてしまいます。ダイエットに挑戦した人、10人中9人が、ここに入ります。

 

ふたつめは、「リバウンドしてしまう」ということです。
痩せることには成功するのですが、数ヶ月すると、元の体重もしくは、それ以上の体重になってしまっているのです。目標体重まで痩せることに成功した10人のうち9人が、ここに入ります。

 

ということは、痩せてリバウンドしない人は、100人に1人ということになります。うーん、ダイエットは本当に難しいですね。(>_<)

 

多くのパターンは、「3~4ヶ月で痩せ、3~6ヶ月で元の体重に戻る」というパターンです。人間の集中力は、3ヶ月ぐらいしか持たない…と言われているのですが、本当にその通りですね。

 

ダイエットジムが3ヶ月で痩せさせるプログラムを作っているのは、よく出来たプログラムだと思います。実は、3ヶ月で痩せさせるほうが、6ヶ月で痩せさせるより簡単なのです。入会した人の多くは、3ヶ月で痩せることには成功し、その3ヶ月後には体重を元に戻しているのです。

 

みっつめは、「痩せはしたが、体重を落とすことには成功したが、やつれてしまった」というパターンです。

 

「美しく、健康に、若々しく、元気に、身体が軽く…」を目指したはずなのに、結果、「醜く、不健康に、老けて、元気なく、身体がだるく…」なっているようでは、何のためにダイエットしたかわかりません。

 

でも、このパターンに陥る人も少なくないです。正しく痩せる方法を知らない、孤独で頑張る人がこの罠にはまるようです。

 

 

以上、ダイエット、
3つの失敗パターンについて書かせていただきました。

 

どうぞ健康に若々しく元気に痩せていってください。そのための近道は、ダイエットに詳しい、良き指導者を持つことです。

 

 

前のページ   ページトップへ   次のページ

アマゾン

エルセーヌ