ダイエット百科「どっちが痩せる?」in名古屋

02. 紙に書こう!

戻る

 

 

目標を紙に書いている。
目標は思っているだけ。
どっちが痩せる?

 

◎ 目標を紙に書く。
× 目標を思うだけ。

 

 

痩せたいのであれば、痩せたいという目標を叶えたいのであれば、目標は絶対に紙に書いたほうがいいです。
「〇月〇日までに、体重〇㌔から〇㌔へする」等。
( くれぐれも無謀な計画は立てないように…)
そして、その紙を毎日見るようにしましょう。
そうすれば、あなたは高確率で痩せることに成功します。

 

どうして、営業会社は、わざわざ時間を割いて、目標を紙に書いて所内に貼るのでしょう。それは効果があるからです。効果がなければ、わざわざお給料を支払って、そんな時間を取るわけがありません。
どうぞ目標は紙に書いて、それを毎日眺めるようにしましょう。
そのくらいの覚悟、そのくらいの心構えがなければ、あなたが痩せられることはありません。

 

どうして紙に書くと目標は叶うのか?

 

それは、潜在意識(無意識)があなたに力を貸してくれるからです。
潜在意識は、顕在意識の何倍もの力を持っています。
この力を借りない手はありません。

 

顕在意識=表面意識
潜在意識=無意識

 

たとえば、私たちが「歩こう!」と思ったとします。そのあとは他事を考えても、ずっと足は動いてくれます。それが無意識の力です。無意識が力を貸してくれなければ、私たちはずっと足に向かって、歩を進めるよう、命令し続けなければいけません。無意識の力の大きさがわかるかと思います。

 

さらに、もうひとこと言っておきますと、無意識は痩せたいとは考えていません。無意識が考えていることは、現状維持です。そう、無意識は変化を嫌うのです。そんな無意識の力を変えるのが「目標を紙に書いて貼る」という技なのです。ぜひお試しください。

 

 

裏ワザ
自分が憧れている人の写真を壁に貼って、その人の顔の上から自分の写真を貼りましょう。そうすると、無意識は「自分の体型はこの写真のようだ」と勘違いします。無意識に勘違いさせたらこっちのものです。あなたは無意識の力を借りて、どんどん痩せていくでしょう。

 

勘違いしてらっしゃる方が多いので言っておきますが、無意識とは、意識がないという意味ではありません。「無意識とは、意識できない意識」という意味です。

 

 

前のページ   ページトップへ   次のページ

アマゾン

エルセーヌ