ダイエット百科 in名古屋

16. 基礎代謝のあげ方

戻る

 

 

基礎代謝のあげかたを知っている。
基礎代謝のあげかたを知らない。
どっちが痩せる?

 

◎ 基礎代謝のあげかたを知っている
△ 基礎代謝のあげかたを知らない

 

 

基礎代謝とは、
生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーのことです。

 

基礎代謝をあげる大きな方法のひとつは、筋肉をつけることです。
筋肉をつけるためには、無酸素運動がいいです。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、カロリーは消費しますが、筋肉がつくわけではないので、基礎代謝が上がらないのです。

 

痩せる決め手は、運動してカロリーを多く消費することではなく、基礎代謝をあげて、運動してない普通に生活しているとき、もっと言えば、寝ているときにでもカロリーを多く消費させることです。今、とっても重要なことを言いました。 (^_^)

 

私が食べないダイエットはしていけないというのは、食べないダイエットをすると筋肉量が減り、基礎代謝量が落ちてしまう=痩せにくい体 になってしまうからです。(>_<)

 

筋肉を効果的に増やす方法は、適切な負荷を筋肉にかけることです。まずは、体の大きな筋肉である大胸筋、広背筋、大殿筋を鍛えましょう。そう、大きな筋肉のほうが筋肉量は増えやすいのです。

 

種目としてはベンチプレス、スクワット、背筋がいいかと思います。
設定する重さは、動作を7回~12回がギリギリ行える重さで、頻度は週3日です。そうすることによって、筋肉量は効率的に増えます。

 

さらに、筋力トレーニング後は、ゴールデンタイムと言われる30分以内にプロテインを摂取することです。そうすることによって、筋肉の回復が進み、筋肉がつきやすくなります。

 

筋肉は48時間から72時間かけて回復し、元の筋肉より僅かに大きくなって回復します。これを超回復と言います。この超回復を繰り返すことによって、基礎代謝を上げていくことになります。個人差はあるものの、2ヶ月から3ヶ月で成果が現れ始めてきます。そう、痩せ始めるのです。(^_^)

 

よくある質問なのですが、女性は男性と違って、筋トレしたからといって、腕の筋肉や腿の筋肉が太くなることはありません。もちろん、やり過ぎれば太くなりますが、その前にしっかり痩せますので、どうぞご安心下さい。

 

 

前のページ   ページトップへ   次のページ

アマゾン

エルセーヌ