ダイエット百科「どっちが痩せる?」in名古屋

02. 断食と絶食

戻る

 

 

断食。
絶食。
どっちが痩せる?

 

△ 断食
× 絶食

 

 

断食も絶食も、食べないダイエットの一種です。
私は、断食と絶食という言葉を、区別して使っています。

 

断食は、「少しずつ食事量を減らす期間を経て、食べない期間を経て、少しずつ食べる量を増やす期間を経るという一連の流れに沿った行動を取ること」を言います。
絶食は、「ある日、突然、食べない行動を取ること」を言います。

 

断食も絶食も食べないダイエットですから、してはいけないダイエットですし、基本、健康的に痩せることはありません。

 

けれど、断食で痩せられる人がいます。
そういう人は、食べなかったことにより痩せられたわけではなく(ここ重要です)、正しい断食をしたことにより、断食後の食生活が変わったから痩せられたのです。

 

私は、健康のために3日ほどの断食を何度かしたことがあります。
(ええ、痩せる目的ではありません。)
そうしたら、精神面と食生活面で変化が起こりました。精神面で言えば、食べることの喜びや、日々の幸せを感じるようになりました。食生活の面で言えば、野菜が好きになり、少しの食事量で満足するようになりました。

 

よって、「断食は、してはいけないことはない」です。

 

断食で、健康になる人もいれば、幸せになる人・痩せる人もいるからです。けれど、繰り返しますが、断食で痩せるのではありません。断食したあとに食生活が変わるから痩せるのです。よって、断食したあとに元の食生活に戻るようでは、何をしているかわからなくなってしまいます。(>_<)

 

ちなみに断食したあとは、敏感な身体、太りやすい身体になっています。その事実は否めません。よって、断食が終わったあとの食事は、慎重に、少しずつ食べるような工夫が必要です。このあたりは、適切な指導者に指示を仰いだほうが賢明です。

 

断食すると、一時的に体重が減ります。
でも、断食の効果・目的は、そこにはないということです。
おわかりいただけたでしょうか?

 

 

前のページ   ページトップへ   次のページ

アマゾン

エルセーヌ