ダイエット百科「どっちが痩せる」in名古屋

42. ダイエットの「どうにでもなれ効果」

戻る

 

 

ダイエットの「どうにでもなれ効果」を知っている。
ダイエットの「どうにでもなれ効果」を知らない。
どっちが痩せる?

 

◎ 「どうにでもなれ効果」を知っている
× 「どうにでもなれ効果」を知らない

 

 

「どうにでもなれ効果」というのは、
「一度ダメになると、もっとダメになりたくなる」心理のことです。

 

たとえば、あなたがダイエット中だとして、夜寝る前に、ピザをひと切れ食べたとしましょう。すると、胸をワクワクさせて食べたはずなのに、食べ終わると、後悔の気持ちでいっぱいになります。

 

すると、「どうなるか?」「どうするか?」と言いますと、高確率で、「チクショー」とばかりに、バクバク食べてしまうのです。食べて、自分の悔しい気持ち・苦しい気持ちを紛らわそうとするのです。

 

これはダイエットだけではありません。
お酒を飲みすぎてしまった人が、自分を責め、その苦悩から逃れるために、またお酒を飲んでしまったりすることも、よく聞く話です。(>_<)

 

どうにでもなれ効果は、事態を悪化させます。
それを防ぐためには、「どうにでもなれ効果」の正体をよく知り、その効果にまんまと乗っからないことです。ピザ1枚食べるのとピザ3枚食べるのは違います。「ええぃ、1枚でも2枚でも3枚でも一緒だぁ!」ということは、絶対にありません。

 

後悔し始めたら、自分を責め始めたら、ヤケを起こしそうになったら、どうぞ「どうにでもなれ効果」を思い出して下さい。大切なのは、「どうにでもなれ効果が発動されそうだな…」って気付くこと、そしてそれを防ぐことです。

 

 

前のページ   ページトップへ   次のページ

アマゾン

エルセーヌ