ダイエット百科「どっちが痩せる?」in名古屋

37. パンとごはん

戻る

 

 

パンを食べる。
ごはんを食べる。
どっちが痩せる?

 

△ パンを食べる
〇 ごはんを食べる

 

 

6枚切りの食パン1枚のカロリーは、160キロカロリー。
茶碗1杯に軽くよそったご飯も160キロカロリー、両者は同じです。
これが8枚切りのパンなら、茶碗1杯のごはんより低カロリーになるので、「ダイエットにはパンが有効!」と言えます。

 

けれど、
パンは普通、バターやジャムを塗って食べるものです。
そうなると、たちまちごはんよりカロリーが多くなってしまいます。
それに、パンにはあっさりとした食べ物は合いません。どうしても、卵や肉が欲しくなります。要するに、パンを主食にすると、肥満につながる脂質を減らすのが難しくなる…というわけです。(>_<)

 

いっぽう、ごはんはどうでしょう。
そう、ごはんは、アッサリとしたおかずによく合います。ダイエットは長く続けてこそ、効果が出るというもの…。ごはんを中心にしたメニューを組み立てたほうが、より長きに渡って低カロリーの食生活が続けられるのです。(^_^)

 

また、ごはんには、必殺の「増量」という手があります。同じ量のお米でも、おかゆにすれば体積を増やすことが出来るので、「たくさん食べた!」という満腹感が得られるのです。

 

さらに、ごはんは腹持ちのいい食べ物です。
パンと違って、直ぐにお腹が減ることがないのです。
ダイエットを成功させるには、「空腹を感じる時間を減らす」ということが大きなポイントになりますが、この点でもごはんはパンより優れています。

 

以上の理由から、パンに△、ごはんに〇をつけました。(^_^)

 

 

前のページ   ページトップへ   次のページ

アマゾン

エルセーヌ