ホームページ

 
寄り添う聴き方


話を聞くのが下手なカウンセラーによるカウンセリングと
話を聞くのが上手なカウンセラーによるカウンセリングを、 例をあげて説明します。

話を聞くのが下手なカウンセラーは、自分の意見を、どこまでもクライエントに押しつけようとします。 一方、話を聞くのが上手なカウンセラーは、クライエントの気持ちに、あくまでも寄り添おうとします。

カウンセリングを勉強されている方、カウンセラーを目指される方は、どうぞ下記を参考にして下さい。相手が心を開く聴き方とは、こういう聴き方をいうのです。

カウンセリングに通われている方で、カウンセラーの対応が、話を聞くのが下手なカウンセラーに似ている場合は、早めに、そのカウンセラーと決別されることをお勧めします。

但し、ここで言うカウンセラーとは、病院で働く医師や行政の相談員のことではありません。彼らは、相談員であってカウンセラーではありません。また、彼らが行なっていることは、相談でありカウンセリングではありません。 彼らに、カウンセラーの対応を求めるのは、無理であり酷というものです。
 

話を聞くのが下手なカウンセラーによるカウンセリング
話を聞くのが上手なカウンセラーによるカウンセリング

 


カウンセリングの勉強方法

 カウンセリング 名古屋