社会資源

ストレスが溜まりすぎるとどうなってしまうのか?

ストレスが溜まりすぎるとどうなってしまうのか?

ストレスが溜まり過ぎると、どうなってしまうのか?

 

人によって出かたが違います。
大きく分けて、次の3つの症状のいずれか、もしくは全てが出ると言われています。

 

@ 心理的症状 気分が落ち込む イライラする 等
A 身体的症状 お腹が痛い 頭痛がする 手が震える 等
B 行動的症状 遅刻や早退が増える ギャンブルやお酒に走る
           無意識に痴漢行為や万引き行為をしてしまう 等

 

怖いですね!

 

適度なストレスは、生活に必要です(何かを達成させる原動力になったり、人生に彩りを添えてくれたり、心身を引き締めるスパイスになったり…)が、 やはりストレス過多はよくありません。日頃からストレス解消(休息・スポーツや観劇などの気分転換・人に話す・)に努めましょう。

 

 

 

【付録】
老年期には、ストレスがもとで、「うつ」になる方が少なくありません。うつは、自殺を引き起こす恐ろしい病気です。日頃からストレスを溜めこまないよう気をつけねばなりません。ところで、老年期のストレスは、壮年期のストレスと違い、刺激のなさによるストレスによるものであることが多いものです。そこで、老年期を迎える方のための、ストレス対策を下に記しておきたいと思います。

 

@心に空白を作らないこと。
ホッとするのは大切ですが、あまりにも緊張感を失うとかえって危険です。
定年退職・子供の自立・持ち家の購入などで、うつが発生するのは、そういった理由からです。趣味であれ、ボランティアであれ、アルバイトであれ、何でもいいので、新しい目標を失わず、心に空白を作らないよう、気をつけてください。

 

A孤独を回避すること。
人との接触は、楽しいにつれ楽しくないにつれ、ある種の緊張感を必要とします。そして、適度な緊張は、気分の状態に良い影響を及ぼします。また、人と話をすることで、偏りがちな認知を矯正することができます。日頃から、親しい友人を大切にしておきましょう。
B適当ということを覚えること
「きちょうめん、完璧は、さておいて…」と、適当なところでやめられるというのも、ひとつの能力です。薬のひとつだと思って、積極的に手抜きを心掛けましょう。

 

C前向きに生きましょう
年を重ねると、過去を振り返ることが多くなります。過去の楽しい思い出に浸るのは、悪いことではありませんが、「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と考えるのは危険です。明日のことを考え、毎日を楽しく生きるよう努力しましょう。

 

 

 

ストレスのページ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 自己紹介 カウンセリング 講演・研修 著書 社会資源 連絡先