カウンセラーの現実

カウンセラーは何処にいるのか?

▼ カウンセラーと呼ばれる人たちは、次の場所で働いています。
 学校(スクールカウンセラーとして)
 行政(児童相談所など)
 刑務所
 病院(精神・神経科)
 会社
給料が安く、非常勤であることが多いです。
NPO等のボランテイァ団体で、無給で活動しているカウンセラーもいらっしゃいます。

カウンセラーになりたい人は多いのですが、就職口は多くなく、現実は厳しいです。
ごく一部の社会的に信用のあるカウンセラー資格を持っていなければ、採用試験を受けることさえままならない…というのが実情です。(涙)

就職することが難しいことから、独立開業を目指す方もいらっしゃいますが、やはり簡単ではありません。

カウンセラーの現実

カウンセラーは実際に食えるのか?
職業として成立するのか?

      については、拙著開業カウンセラーの現実をご覧下さい。

・私は、カウンセリングを職業にして、家族を養っています。
・私は、心理カウンセラーという仕事をなりわいとしています。
・クライエントから頂くカウンセリング料が、私の主な収入源です。

売れるカウンセラーになる方法(集客術と経営方法)

売れるカウンセラーになる方法は、カウンセリングの腕を上げることと、集客力を身につけることです。

カウンセリング能力を向上させる方法については、こちらに詳しく記しました。
集客については、皆が見に来てくれるようなホームページを作ることです。それに勝る方法はありません。

詳しくは、音声CD「売れるカウンセラーになる方法をご覧下さい。
あなたは、1ヶ月の宣伝広告費より安価で、その秘密を知ることができます。

コンサルティング

カウンセラーを目指す方のカウンセリングも積極的に行っています。
独立・開業および集客方法や経営のご相談にも応じます。

お申し込み要領は通常のカウンセリングと同じです。
ご希望の方は、ぜひ こちら からお申し込み下さい。
あなた様からのご連絡を、心からお待ちいたしております。

その他

カウンセリングルームにいつも流れている曲
(カウンセリングの邪魔にならない、BGMにふさわしい、名曲ばかりです。)

・赤裸々な真実が書かれている「開業カウンセラーの現実」は、
 「経営ノウハウ教えます」「Q&A集」の3冊セットで販売しています。

このページの先頭へ