あなたの自由を応援するカウンセラー

カウンセリングルーム「心の相談室with」は、愛知県名古屋市にあります。

カウンセリング

長野五輪の銅メダリストが逮捕されました。

投稿日:

植松仁容疑者は、きっと性嗜癖障害者なんだと思います。

どのような性嗜癖を持っていようと、
それは本人の勝手ですが、人様に迷惑をかけるような真似をしてはいけません。

盗撮や痴漢や覗きや露出や下着泥棒という性にまつわる犯罪は、再犯率が非常に高
いです。いくら罰を受けようと、本人が涙を流して反省しようと、周囲がお説教し
ようと、やる人はまた犯行を繰り返し、2度3度と捕まります。

それは、
やめられない癖、依存症、心の病だからです。

よって、人様に迷惑をかける性嗜癖障害は、否認することなく、
心の病だと認識し、専門家の所に行って、しっかり治療することです。

治す方法は、
やらないこと、やらないことを続けることです。

私は、性嗜癖障害については、1,000件近い臨床経験がありますが、それでもカウン
セリングを受ける人は、世の中のほんの一部です。多くの加害者は、捕まった直
後は、「もうしない」「もうする気がしない」等と言い、時が過ぎれば、『のども
と過ぎれば熱さ忘れる』のことわざ通り、過ちを繰り返します。

捕まる前に、また捕まってしまったら、お早めに専門家の許を訪ねたほうが賢明で
す。そして、訪ねたら、勝手に「治った」と自己判断で決めて、治療を中断するの
ではなく、カウンセラーと相談しながら、徐々に来室頻度を減らしていくことです。

私は、今日も、これ以上、卑劣な性犯罪に巻き込まれる被害者が生まれないよう、
犯罪加害者の心に寄り添ってカウンセリングをしています。

性犯罪を繰り返す人も、普段はおとなしい良識ある社会人であることが多いです。
変態とか変質者とか色情魔とか女に飢えている人間という認識は誤りです。

⇒ 性嗜癖でお悩みの方は、どうぞ
 臨床経験が豊富なカウンセラーがいる「心の相談室with」へお越しください。

▼ ポチッと1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります!
  

-カウンセリング

執筆者:

関連記事

2つの幸せ(セロトニンとドーパミン)

人間には2つの幸せが必要です。 ひとつは、セロトニン幸せ。 もうひとつは、ドーパミン幸せです。 セロトニン幸せは、ほのぼのとした幸せです。安心感から出ます。 ドーパミン幸せは、ハラハラドキドキワクワク …

金山公園の桜

カウンセリングルームから徒歩3分の所に、金山公園があります。   金山公園に咲く桜、線路沿いの桜は、今が見頃、とても綺麗です。   陸橋から観る桜、遠くにカウンセリングルームの看板が見えます。   も …

レイキヒーリングとカウンセリング

数年前ののことですが、 「○○を治して下さい」と言うクライアントが訪れました。 クライアントは、それ以上のことは喋ろうとしないのです。 それで私は、一生懸命、頭をひねって、質問を重ねました。 いつ頃か …

竹内成彦は、胡散臭い心理カウンセラー。

こんにちは。 心理カウンセラーの竹内成彦です。 今日のお話は、ノンフィクション、10数年前に実際にあったお話です。 登場人物は、とあるカウンセリングスクールの校長先生と、そこで働く先生です。 先生「校 …

カウンセリングのセカンドオピニオン

おはようございます。 精神医学と性格心理学と嗜癖に強い心理カウンセラー、竹内成彦です。 Zoomによるカジュアルカウンセリグを始めてから、全国の方からセカンドオピニオ ン的な形で、私のカウンセリングを …

検索

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アクセス

住所
愛知県名古屋市中区正木4-6-10
羽衣ビル301号室

営業時間
月〜日: 9:00 AM – 9:00 PM
平日不定休

自己紹介

竹内成彦
1960年、愛知県名古屋市で生まれ育つ。1997年06月、地元愛知でプロのカウンセラーとして独立開業を果たす。カウンセリングルーム「心の相談室with」の室長。臨床歴21年、臨床数15,000件を超える。講演・研修回数は800回、聴講者は10万人を超える。【「生まれつき性格」を大切にする子育て】など、7冊の本を出版している。カウンセリング講座などを開催し、カウンセラーを育てることにも精力を尽くしている。
  • 92686総閲覧数:
  • 175今日の閲覧数:
  • 199昨日の閲覧数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年2月18日カウント開始日: